東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は株式会社OGISHIにお任せください。

MENU

安全で見せるプロ意識

最高 鳶職人 技能

安心・安全・確実スピーディーかつ柔軟な対応
枠組足場・くさび式足場・次世代足場 自社材にて対応

代表取締役 小岸昭義

代表取締役 小岸 昭義

OGISHIは「技術の高い職人」が集まった会社です

私は弊社代表を務める傍ら「全国仮設安全事業協同組合 青年部会長」として、建設業界の悪しき慣習を払拭するために、業界改革を推し進めています。

現在若者が進んで入職する建設業界にするために、弊社に限らず業界をあげて環境整備を進めています。

業界の旗艦企業として、最高の職人技能お届けすることができる職人・職員を育成し継承しています。

One Stop Solution

Safety Works

仮設工事の計画から施工までを自社で一元管理

安全作業と足場使用者の安全 そして 現場全体の安心・安全のために

ワンストップソリューション

ヒアリング

色々な場面を想定し、慎重に問題点や課題をヒアリング

仮設計画

現場の作業員の作業性や周辺の安全性にこだわり計画を立て、ご提案

仮設計画図作成

全体の再確認をしながら、計画を図面に落とし込み

仮設足場施工

安全作業で計画図通りの施工を心がけ、不測の事態には柔軟に対応

足場点検

施工方法や、仕上がりをプロの目線でしっかりと点検

仮設足場解体

周囲や完成物に細心の注意を払いながら、最後まで安全作業

現場の安心・安全の為に

サービス一覧

仮設計画図の作成から仮設工事全般の施工まで、お客様の要望を汲み取り、スピーディーに作図し、あらゆる環境に対応できるよう、適切な足場を組み立てます。

岩田地崎建設株式会社様 安全大会

6月18日(月)岩田地崎建設株式会社様 第43回安全大会にて、弊社および弊社工事部職長であります小川良太が、労働災害防止の功績を認められ表彰いただきました。 弊社経営理念である「安全・安心」を提供し続ける企業として、日頃から人一倍の努力を心がけてきた我々にとりましては、この上ない喜びでございます。 今後も驕ることなく、元請様の「安全・安心」にたいする思いに、社員一同が一丸となってお応えする所存です。 株式会社OGISHIは仮設足場の多様化するニーズに、誇りと責任をもってご対応させていただきます。

第14期 期初会同を開催しました

平成30年6月2日(土)埼玉県三郷市中央のOGCビル内にて、第14期 期初会同を執り行いました。設立から14期目を迎え、社名も新たに「株式会社 OGISHI」と改組変更しての会同です。当日は株式会社OGISHIの全社員が一同に会し小岸社長から14期および中期ビジョンの目標と訓示がありました。 社名を変更した経緯については、若者を意識し、今後の東南アジア、欧米諸国へのビジネスの道を切り開くグローバル戦略の一環として、イメージの明確化を図るものと説明がありました。株式会社 OGISHI の沿革と、関連子会社との相互関係の詳細についても説明があり、グループとしての総合力を発揮することで相乗効果を高めていきます。 人材確保における建設業を取り巻く環境については厳しい状況下にあり、ベトナムでの外国人技能実習生事情も近年厳しくなってきています。弊社に限らず外国人技能実習生の協力なしには仕事も立ち行かな...

全国仮設安全事業協同組合 第18回通常総会

平成30年5月23日(水)東京都中央区 鉄鋼会館 にて「全国仮設安全事業協同組合(小野辰雄理事長) 第18回通常総会」「全国仮設安全事業協同組合青年部(小岸昭義会長) 第9回 通常総会」「日本建設職人社会振興連盟(國松孝次会長) 第8回通常総会」および「建設職人基本法 入魂の集い」が執り行われました。 当日は全国から700名の関係者が参集し「入魂の集い」には73名の国会議員の先生方と93名の秘書の方々が、会期中のお忙しいなか応援に駆けつけていただきました。 昨年6月に「建設職人基本法」の基本計画が策定、閣議決定されましたが、何ら法制上の措置等の具体的成果があがらず、墜落災害による死亡者は増加に転じています。 今総会では「安全・安心」への取組みとして、発注者及び災防団体等の依頼による研修会開催(77箇所・5,622名)、仮設安全監理者による仮設安全点検(創設以来109,782件)、仮設安全監...

ブログをもっと見る

リーダーシップ溢れる社長技術の高い職人集団がやりがいある仕事を始めたいあなたを応援します

事務

安全管理

運転手

職人

営業

採用情報を見る

最高の鳶職人の技能を

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

株式会社OGISHI