東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は有限会社小岸興業にお任せください。

MENU

BLOG スタッフブログ

OGCは第30回 三郷市民まつりを応援します!

2016.11.24

11月3日(祝)AM9:30~PM4:00 つくばエクスプレス 三郷中央駅 駅前すぐ
「におどり公園」にて、「水と緑とふれあいのまつり 被災地 熊本・東北を元気に」をキャッチフレーズに第30回 三郷市民まつりが開催されます。
当日 国際交流の一環として、弊社ベトナム人社員及び技能実習生23名がおそろいのTシャツを着てベトナム料理を振舞います。女性社員はベトナムの民族衣装「アオザイ」を着てのオ・モ・テ・ナ・シです。この機会に是非ベトナム料理をご堪能ください。メニューは、揚げ春巻き(¥100/2本)、牛肉のフォー(¥200)です。
各種イベントも盛りだくさん!
大道芸人がやって来る!10:30~14:50(2部制)
和風おもしろ大道芸(つねむね)、コミカルジャグラー(Mr. カズキ)、ハイブリッド猿回し(まい先生と掛川金太郎君)
劇団東京人形夜12:30~12:50
パントマイム・ダンス
神輿巡行13:00~15:00、無料歯科相談・無料歯磨き指導10:00~11:30、気仙沼物産展、各国自慢料理、餅つき、易、占い、親子コアラドーム、ふれあい動物園、射的、フリマ30店、ステージでのパフォーマンス・・・等々など、とても紹介しきれないほどです。
三郷中央駅には、つくばエクスプレスで秋葉原から約23分、北千住から約12分です。
img_0236-e1479961375582 img_0239-e1479961419629 %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31-2

ACCESS安全大会・希望の太陽へのつどい・仮設国際会議代表者特別講演

2016年10月19日 東京・港区にある建設会館は800名を超える来場者に溢れ、平成28年度「全国仮設安全大会」「希望の太陽へのつどい」そして、日本・中国・ドイツ・アメリカの仮設国際会議代表者による「グローバルに対応した仮設安全」の特別講演が行われました。 会場は展示会場と式典会場に分かれ、展示会場では各メーカーが「より安全な処置」の足場の体験コーナーをイベント広場に設置し、大会を盛上げました。式典会場のホール通路の壁には、ACCESS青年部の活動を報道した新聞・足場点検普及活動報告が飾られています。 今大会では「建設職人基本法」の成立に機運が高まっているなか、自民党・公明党などの日本建設職人社会振興議員連盟(二階俊博会長)や先日設立された民進党の「建設職人の安全・地位向上推進議員連盟」(増子輝彦会長)の衆議院・参議院の国会議員の先生、秘書の方々139名から祝辞と心強いエールと力強いお言葉をいただき、この「建設職人基本法」を与野党が一丸となって実現することをお約束頂きました。 国を挙げて建設業界を変えようとしています。今までの建設業界の悪しき慣習は、法の下の平等の精神により、通用できなくなります。真面目に正直に働いてきた人こそ報われるべきではないのでしょうか。我々の取り組みが間違えていないことを、安倍内閣総理大臣のお言葉から見て取ることができます。 安倍内閣総理大臣のメッセージ(以下、原文のまま) 平成28年度全国仮設安全大会の開催、誠におめでとうございます。心よりお慶び申し上げます。 貴協同組合は、若者が誇りを持てる希望に満ちた明るい未来のある建設産業を目指し、そのためには建設職人の安全と地位を向上させることが不可欠であります。建設職人の不足と処遇改善が大きく叫ばれている今日、法制度整備に向けた貴協同組合のこれまでの取り組みは誠に当を得たものであり、政府としても積極的に対応していく考えです。 本年度の大会が実り多いものとなりますよう期待しますとともに貴協同組合の更なるご発展、ご活躍を願っております。 平成28年10月19日 内閣総理大臣 安倍 晋三 安心・安全に対する思いは世界共通です。今大会では前日の18日に行われた「仮設国際会議」の代表者、日本:ACCESS青年部会長 小岸昭義、中国:总经理(社長)任强(Ren Qiang)、ドイツ:代表 クリストファー・モツコ、アメリカ:事務局長 グレンビル・ロア による特別講演「グローバルに対応した仮設安全」が行われ、本当の意味での「グローバルスタンダード」をここに実現しようとしています。 弊社代表取締役の小岸昭義の言葉にあるように、「人命や安全」には、国境がなく、いかなる地位であっても平等であります。国際色豊かな異例の大会でしたが、改めて我々建設業界に強いメッセージを発信したと確信しております。

安全パトロール

2016年11月15日 ACCESS青年部は現場点検を実施しました。 今回の現場点検は、アクセス青年部・アクセス組合員・アクセス事務局から合計49名が参加し、公共工事現場3か所3班に分かれて実施しました。 地方自治体事務所に隣接する市営住宅の現場には、弊社代表取締役の小岸昭義(青年部会長)はじめ20名の仮設安全監理者*に加えて、 自治体からも12名の職員が研修を兼ねて現場点検に同行しました。 点検後は会議室での質疑応答、意見交換が行われました。 仮設安全監理者が行う「安全パトロール」が、事故を予防するうえで如何に重要かをご理解いただけたと思います。 *仮設安全監理者:仮設安全監理者資格とは、 全国仮設安全事業協同組合が開催する仮設安全監理者資格取得講習会(機材実演を含む)において育成された足場安全点検のプロの資格です。 この資格保有者は、厚生労働省労働基準局安全衛生部長通達(平成24年2月9日付 基安発0209第1号)にいう「足場の点検について、 十分な知識・経験を有する者」に該当し、適格者である旨を厚生労働省が表明していますので、事業者から点検実施者として指名を受けることができます。

ブログ一覧へ戻る

最新記事

誇りを持った職人たちと暖かい職場で一緒に働いてみませんか?

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

小岸興業