東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は有限会社小岸興業にお任せください。

MENU

BLOG スタッフブログ

新入社員 頑張っています!

2017.07.12

今年の新入社員2名は、「工事部」「総務部」にそれぞれ配属され、初めての社会人生活を、4月にスタートさせました。我々の目から見ても、2人とも良く頑張っていると思います。 総務部に配属されたFさんは、SNSではイニシャルで参加しているので、本名・写真はNGとさせて頂きます。そのFさんは、連日ではありませんが、総務部のお姉さま方に連れられて、初めて食べる料理やアルコール以外の飲み物を経験し、充実した社会人1年生を送っています。もちろん、仕事時間中は良き先輩の指導の下、総務部の社員として日々精進しています。 工事部に配属された山本龍君は、現場で手元として頑張っていて、明日を担う職人としての頭角が、見え隠れしている時期です。ただ、今はまだ体力的にキツク感じているみたいで、筋肉痛もよくでると言っていましたが、それ以上に、早く技術を会得したいと頼もしいことを言っています。 2人とも知識を得たいという気持ちが強く、いろいろなことを教えてもらい、わからないことがわかった時に魅せる笑顔が印象的で、将来に期待が持てます。 社会人としてスタートしたばかりの2人ですが、厳しくも暖かい目で今後も見守っていきたいと思います。  class= class= class=

『安全功績賞』受賞

平成29年6月14日 元請企業様の安全衛生推進大会にて、弊社安全管理部の南雲克己が『安全功績賞』を受賞いたしました。日頃、安全衛生管理に注力し「安全・安心」の意識を現場に周知徹底した努力が認められ、大変光栄に思います。 弊社安全管理部では、職人を指導する立場の者が徹底した安全衛生管理を基に、災害撲滅のために活動をしています。全ての建設工事従事者の安全を守るための目となり、指導者となることで「ゼロ災」を目指します。 今回の受賞は弊社といたしましても、この上ない励みとなりました。「安全・安心」を提供し続けることが、弊社のミッションになります。そして、全ての人に優しい企業であり続けます。

中央工学校 足場教育実習

毎年恒例となりました、中央工学校の生徒さん達に足場の実習教育を、弊社工事部部長で執行役員の秋葉一臣を筆頭に、4名の職人がおこないました。2日間に亘るカリキュラムは、1日目に座学、2日目は実技実習になります。この2日間は天候にも恵まれ、実技実習の2日目は雨にも降られず、暑くもなく、絶好の作業日和でした。 我々にとっては毎年恒例でも、生徒さん達にとっては初めての体験。期間中一貫して云い続けたことは「安全に」「ケガをしないように」です。座学においても、災害の恐ろしさ、災害防止策、安全に作業するための教育受講義務、安全点検の重要性など「安全・安心」をより深く追求する必要があることを伝えました。 実技実習で生徒さん達は、安全にそして如何に早く、正確に作業できるかを競っていました。足場機材を初めて触る生徒さんが多い中、思うよう作業が進まず悪戦苦闘しながらも課題をこなしている姿を見ると、建設業の未来に希望が持てます。 毎年見る風景ですが、我々現役の建設職人がキャリア教育の一端を担うことで、生徒さん達が新しい発見をして、より大きな志で建設業界に入職してもらえれば、我々にとってこれに勝る喜びはありません。 小岸興業は明日を担う生徒さん達を応援します。

ブログ一覧へ戻る

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

小岸興業