東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は株式会社OGISHIにお任せください。

MENU

BLOG スタッフブログ

災害防止協議会

2018.03.19

2018年3月17日(土)埼玉県三郷市「彦成地区文化センター」にて災害防止協議会を開催しました。労働安全衛生規則第635条に基づき、元方事業者である有限会社小岸興業が関係請負人である協力会社様にご参集いただき、弊社安全管理部執行役員の佐藤秀政が議長となり「建設現場安全管理方針」について自主的な取組がなされるよう、強くお願いいたしました。

当日は30社50名の協力会社様と共に「人身事故の絶無」「物損災害の絶無」「第三者災害の絶無」の安全衛生管理計画の基、重点管理項目である「全作業員に100%安全帯使用」を周知徹底することと災害防止項目を確認しました。また、当会議において取り上げた議題8項目についての協議を行いました。

追加項目として「フルハーネス型安全帯使用作業特別教育」についての話があり、今後は原則「フルハーネス型」の製品を労働者に使用させることを事業者に義務付けられます。施行日は平成31年2月1日(予定)となっています。

当協議会では建設業における労働災害を防止するために、安全衛生管理の水準の向上を目指し活動を続けています。

建設職人基本法「見える化」大会

全国仮設安全事業協同組合(小野辰雄理事長)と日本建設職人社会振興連盟(國松孝次会長)が、2018年2月14日(水)東京都・港区の建築会館で「建設職人基本法“見える化”大会~基本計画に基づく国民の関心と理解を深める取組み~」を開催しました。これまで開催してきた「全国仮設安全大会」の内容を昨年3月に施行された「建設職人基本法(通称)」と昨年6月に閣議決定された同法の基本計画の周知と安全確保の重要性について、広く国民一般に理解を求めるものに発展させたものです。 今大会には約850名の来場者と、150名の国会議員(代理出席含む)の先生方にお集まりいただき、多くの超党派議員の方々から、地元での周知活動と地元企業の取組みが紹介されるとともに、建設職人基本法超党派国会議員フォローアップ推進会議(議長・二階俊博衆議院議員)との共催で行われた「“見える”基本法シンポジウム」では、各党を代表された議員の方々と政府側から各省副大臣、政務官の先生方による現場で働く職人さん達の「安全」「健康」「処遇」についての熱い議論が交わされました。 また会場内には、安全処置をしない仮設足場と、安全処置を施した仮設足場の違いを体験できる「VR(バーチャルリアリティー)」を設置。実際に国会議員の先生方等に体験していただいた「“見える化”実証映像体験」では、進行役に弊社代表取締役の小岸昭義(全国仮設安全事業協同組合 青年部会長・日本建設職人社会振興連盟 青年部会長)が仰せつかり、現場さながらの臨場感あふれる実況で大いに盛り上がりました。 屋外会場では4つの体感ゾーンからなる「見える!!墜落災害ゼロ展示」を開催。「足場高所体験ゾーン」では、弊社執行役員工事部部長の秋葉一臣はじめ、工事部 淺野悠三、同 新井雄基の案内で国会議員の先生方、ご来場いただいた方々に実際に仮設足場の上を歩いていただきました。 「見える安全・感じる安心」の実現に向け、建設職人基本法超党派国会議員フォローアップ推進会議の主導のもと、関係省庁や建設業界全体が一体となって建設職人基本法に“魂”を入れることをお約束いただきました。

新社屋竣工式

2018年3月30日(金)桜が満開のこの日、無事に竣工式を迎えることができました。これもひとえに皆様の暖かいご支援のおかげと感謝しております。無事故無災害で施工していただいた建築関係の皆様方には、あらためて御礼を申し上げます。 4月2日(月)は新年度、弊社でもグループ併せて10名新卒社員が入社します。新社屋の初イベントは『平成30年度 入社式』です。引越しは一か月後になりますが、一足早く新入社員の皆さんにお披露目します。 本日の竣工式を一つの節目として、社員一丸となりこれからもしっかり会社運営の為に邁進してまいりますので。今後とも宜しくお願い申し上げます。

ブログ一覧へ戻る

最新記事

誇りを持った職人たちと暖かい職場で一緒に働いてみませんか?

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

株式会社OGISHI