東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は株式会社OGISHIにお任せください。

MENU

BLOG スタッフブログ

岩田地崎建設株式会社様 安全大会

2018.06.21

6月18日(月)岩田地崎建設株式会社様 第43回安全大会にて、弊社および弊社工事部職長であります小川良太が、労働災害防止の功績を認められ表彰いただきました。

弊社経営理念である「安全・安心」を提供し続ける企業として、日頃から人一倍の努力を心がけてきた我々にとりましては、この上ない喜びでございます。

今後も驕ることなく、元請様の「安全・安心」にたいする思いに、社員一同が一丸となってお応えする所存です。

株式会社OGISHIは仮設足場の多様化するニーズに、誇りと責任をもってご対応させていただきます。

第14期 期初会同を開催しました

平成30年6月2日(土)埼玉県三郷市中央のOGCビル内にて、第14期 期初会同を執り行いました。設立から14期目を迎え、社名も新たに「株式会社 OGISHI」と改組変更しての会同です。当日は株式会社OGISHIの全社員が一同に会し小岸社長から14期および中期ビジョンの目標と訓示がありました。 社名を変更した経緯については、若者を意識し、今後の東南アジア、欧米諸国へのビジネスの道を切り開くグローバル戦略の一環として、イメージの明確化を図るものと説明がありました。株式会社 OGISHI の沿革と、関連子会社との相互関係の詳細についても説明があり、グループとしての総合力を発揮することで相乗効果を高めていきます。 人材確保における建設業を取り巻く環境については厳しい状況下にあり、ベトナムでの外国人技能実習生事情も近年厳しくなってきています。弊社に限らず外国人技能実習生の協力なしには仕事も立ち行かなくなってしまうのが現状です。今期は既存の社員教育の強化と意識改革を図り、生産性向上の実現に向けた取組を推進していきます。 中期ビジョンでは、技術と組織としての質を高める、安全安心の更なる追求、グループとしての総合力の発揮、働きやすい環境づくりの推進を掲げ、目標達成には全社員の協力が不可欠であることを伝えました。 小岸社長から最後に「みんなで協力して生産性を向上させ、目標に向かって頑張っていきましょう!」と全社員に向けて力強いメッセージが送られました。

2018年 中央工学校 足場実習教育

2018年6月25・26日の2日間に亘り、中央工学校 軽井沢研修所南ヶ丘倶楽部にて足場組立の実習教育を行いました。毎年参加させて頂き弊社は4回目の参加となります。今年は中央工学校の生徒さん23名が参加し、弊社からは安全管理部部長 佐藤秀政執行役員はじめ3名の職人を講師として派遣しました。 初日夕方からは、全国仮設安全事業協同組合 安全管理部 佐久間敦司係長と弊社佐藤秀政執行役員による座学です。教科書に載っていない、実際に現場で起こっている事象を生徒さん達は興味深く聞き入っていました。 翌2日目は、朝から足場の組立・解体実習です。朝礼、体操、KYと現場と同じ流れで始めます。使う足場機材は、枠組足場、単管足場、システム足場の3種類で、生徒さん達も3班に分かれローテーションします。 今回、弊社から若きホープ山本龍が初参加して、教えることの難しさを体験し、勉強させていただきました。仕事が出来るだけではなく、仕事を教えることができる人材を育成してくことが、担い手不足に苦しむ建設業には必要だと感じています。 このような機会をいただいた、中央工学校様に感謝申し上げるとともに、足場実習教育を通じて、教えることができる人材を株式会社 OGISHIは育てます。

ブログ一覧へ戻る

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

株式会社OGISHI