東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は株式会社OGISHIにお任せください。

MENU

BLOG スタッフブログ

スタッフの日常

スタッフが綴るOGISHIの日常です!
スタッフみんなで作り上げたものや、現場での足場作業の様子、安全について、たまにはみんなで遊んだり...などなど
OGISHIの温かいスタッフ達の日常の一コマをぎゅっとブログにしてみました。

安全優良職長厚生労働大臣顕彰

平成31年1月11日(金)厚生労働省講堂(東京都千代田区)で顕彰式典が行われ、弊社から執行役の秋葉一臣が顕彰されました。 厚生労働省は、優れた技能と経験で担当現場や部署での作業の安全を確保し、優良な成績を挙げた職長140名を、平成30年度「安全優良職長」として厚生労働大臣から顕彰することとなり、安全優良職長の顕彰は今回で21回目となります。  この制度は、労働災害による休業4日以上の被災者数が約12万人(平成29年)となる中、高い安全意識を持って適切な安全指導を実践してきた優秀な職長を顕彰することにより、その職長を中心とした事業場や地域における安全活動の活性化を図ることを目的としています。 ※「職長」とは、事業場で部下の作業員を直接指揮監督し、作業の安全確保・遂行に責任を持ち、第一線において「安全」を実現する監督者のこと。班長、作業長などとも呼ばれ、「安全のキーパーソン」と言われる。

“安全見える化”大会 ~国民の関心と理解を深める取組み~

2018年10月31日 「全国仮設安全事業協同組合(アクセス・小野辰雄理事長)」と「日本建設職人社会振興連盟(國松孝次会長)」は東京都港区にある建築会館にて、平成30年度“安全見える化”大会を開催しました。 全国から約700名が参加し、また政府関係の方々をはじめ、参議院本会議の定例日にもかかわらずお忙しい合間を縫って、約100名の国会議員の先生方も応援に駆けつけていただきました。 会場中庭では4つのゾーンで構成された「“安全見える化”墜落災害ゼロ展示」が実施。組合員企業による最新の「足場機材展示ゾーン」、「墜落実験見学ゾーン」、「VR体感ゾーン」、実物大の足場に上がって作業環境を体験できる「足場高所体感ゾーン」―「足場高所体験ゾーン」では政府関係者や国会議員、そして多くの一般来訪者の方に実際に足場に上り二段手すりや幅木のあるなしの違いを感じてもらい、安全措置の重要性と必要性を体験して頂きま...

群馬県立吾妻中央高等学校 足場の組立実習

2018年10月24日 秋深まる「中央工学校 軽井沢研修センター 南ヶ丘倶楽部」にて、中央工学校、全国仮設安全事業協同組合主催「群馬県立吾妻中央高等学校 足場の組立実習」を実施しました。弊社からは、安全管理部 南雲克己、工事部 山本龍の2名が講師として参加させて頂きました。 当日は、吾妻中央高等学校 環境工学科1年の生徒33名(内女子2名)が、2名の教諭に引率され大型バスで現地入りし、秋晴れの軽井沢にて5時間に亘る実習メニューを消化しました。 つい半年前までは中学生だった彼らも高校生らしくなってきて、新たな刺激を求めている頃かと思います。そんな彼らが、初めて手にする足場機材やラチェットに悪戦苦闘しながらも、講師の助けを借りて立派な仮設足場を組立・解体したことは、良い刺激になったのではないでしょうか。 現場に出ている職人から今現在の話を「聞き」、足場機材に「触れ」、実際に足場を組立て、「上っ...

最新記事

誇りを持った職人たちと暖かい職場で一緒に働いてみませんか?

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

株式会社OGISHI