東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は株式会社OGISHIにお任せください。

MENU

安全で見せるプロ意識

最高 鳶職人 技能

安心・安全・確実スピーディーかつ柔軟な対応
枠組足場・くさび式足場・次世代足場 自社材にて対応

代表取締役 小岸昭義

代表取締役 小岸 昭義

OGISHIは「技術の高い職人」が集まった会社です

私は弊社代表を務める傍ら「全国仮設安全事業協同組合 青年部会長」として、建設業界の悪しき慣習を払拭するために、業界改革を推し進めています。

現在若者が進んで入職する建設業界にするために、弊社に限らず業界をあげて環境整備を進めています。

業界の旗艦企業として、最高の職人技能お届けすることができる職人・職員を育成し継承しています。

One Stop Solution

Safety Works

仮設工事の計画から施工までを自社で一元管理

安全作業と足場使用者の安全 そして 現場全体の安心・安全のために

ワンストップソリューション

ヒアリング

色々な場面を想定し、慎重に問題点や課題をヒアリング

仮設計画

現場の作業員の作業性や周辺の安全性にこだわり計画を立て、ご提案

仮設計画図作成

全体の再確認をしながら、計画を図面に落とし込み

仮設足場施工

安全作業で計画図通りの施工を心がけ、不測の事態には柔軟に対応

足場点検

施工方法や、仕上がりをプロの目線でしっかりと点検

仮設足場解体

周囲や完成物に細心の注意を払いながら、最後まで安全作業

現場の安心・安全の為に

サービス一覧

仮設計画図の作成から仮設工事全般の施工まで、お客様の要望を汲み取り、スピーディーに作図し、あらゆる環境に対応できるよう、適切な足場を組み立てます。

“安全見える化”大会 ~国民の関心と理解を深める取組み~

2018年10月31日 「全国仮設安全事業協同組合(アクセス・小野辰雄理事長)」と「日本建設職人社会振興連盟(國松孝次会長)」は東京都港区にある建築会館にて、平成30年度“安全見える化”大会を開催しました。 全国から約700名が参加し、また政府関係の方々をはじめ、参議院本会議の定例日にもかかわらずお忙しい合間を縫って、約100名の国会議員の先生方も応援に駆けつけていただきました。 会場中庭では4つのゾーンで構成された「“安全見える化”墜落災害ゼロ展示」が実施。組合員企業による最新の「足場機材展示ゾーン」、「墜落実験見学ゾーン」、「VR体感ゾーン」、実物大の足場に上がって作業環境を体験できる「足場高所体感ゾーン」―「足場高所体験ゾーン」では政府関係者や国会議員、そして多くの一般来訪者の方に実際に足場に上り二段手すりや幅木のあるなしの違いを感じてもらい、安全措置の重要性と必要性を体験して頂きま...

群馬県立吾妻中央高等学校 足場の組立実習

2018年10月24日 秋深まる「中央工学校 軽井沢研修センター 南ヶ丘倶楽部」にて、中央工学校、全国仮設安全事業協同組合主催「群馬県立吾妻中央高等学校 足場の組立実習」を実施しました。弊社からは、安全管理部 南雲克己、工事部 山本龍の2名が講師として参加させて頂きました。 当日は、吾妻中央高等学校 環境工学科1年の生徒33名(内女子2名)が、2名の教諭に引率され大型バスで現地入りし、秋晴れの軽井沢にて5時間に亘る実習メニューを消化しました。 つい半年前までは中学生だった彼らも高校生らしくなってきて、新たな刺激を求めている頃かと思います。そんな彼らが、初めて手にする足場機材やラチェットに悪戦苦闘しながらも、講師の助けを借りて立派な仮設足場を組立・解体したことは、良い刺激になったのではないでしょうか。 現場に出ている職人から今現在の話を「聞き」、足場機材に「触れ」、実際に足場を組立て、「上っ...

TOKYO BAY CRUISE 2018

記録的な暑さとなった2018年夏、OGCグループでは毎年恒例となりました、宇宙船を彷彿とさせる流線形にメタリックな船体の「ホタルナ」をチャーターしてTOKYO BAY CRUISE(暑気払い)を行いました。今年も主役は従業員の奥様、ご主人、子供達、そして今年多数入社いただいた新入社員の皆様です。 家族連れで集うイベントのひとつとして人気も高く、特に子供達には好評を博しています。小さいお子さんがいるご家族でも、おむつ台完備のホタルナなら安心して乗船できるので、今年も赤ちゃん連れのご家族を多く目にすることができました。 このように家族皆さんに集まって頂くと、あらためて大所帯になったことを実感するとともに、各ご家庭の家族愛を感じることができました。 小岸代表取締役、小川取締役副社長、篠田専務取締役から、そんなご家族皆様へのねぎらいの言葉と、「安全・安心」への思いを伝え、今宵楽しんで頂くよう話があ...

株式会社OGISHI 安全大会 昭友会総会

平成30年7月6日(金)平成29年度『株式会社OGISHI 安全大会』『昭友会総会』を埼玉県越谷市サンシティホールにて125名の方々にご参集いただき執り行いました。 当日は、全国仮設安全事業協同組合(アクセス) 副理事長の篠田信夫様より『挑戦者「アクセス」18年の軌跡』と題して、昨年3月に施行された『建設職人基本法(通称)』と同法基本計画に併せて、墜落災害撲滅に係る国の検討の経過とアクセスの取組みを遡ってご講話をいただきました。 昭友会総会では、榎本裕希会長(株式会希匠代表取締役)より昭友会の取組として、より安全な措置の推進と資格取得補助を含む若き担い手の人材育成のお話があり、株式会社OGISHI 安全大会では、小岸昭義社長より数多く視察してきた海外の現場との比較から、焦らず確実な仕事をすることで安全を確保し重大事故を防ぐ事例が紹介され、そして「安全第一」が何よりも優先することを伝えました...

2018年 中央工学校 足場実習教育

2018年6月25・26日の2日間に亘り、中央工学校 軽井沢研修所南ヶ丘倶楽部にて足場組立の実習教育を行いました。毎年参加させて頂き弊社は4回目の参加となります。今年は中央工学校の生徒さん23名が参加し、弊社からは安全管理部部長 佐藤秀政執行役員はじめ3名の職人を講師として派遣しました。 初日夕方からは、全国仮設安全事業協同組合 安全管理部 佐久間敦司係長と弊社佐藤秀政執行役員による座学です。教科書に載っていない、実際に現場で起こっている事象を生徒さん達は興味深く聞き入っていました。 翌2日目は、朝から足場の組立・解体実習です。朝礼、体操、KYと現場と同じ流れで始めます。使う足場機材は、枠組足場、単管足場、システム足場の3種類で、生徒さん達も3班に分かれローテーションします。 今回、弊社から若きホープ山本龍が初参加して、教えることの難しさを体験し、勉強させていただきました。仕事が出来るだけ...

ブログをもっと見る

リーダーシップ溢れる社長技術の高い職人集団がやりがいある仕事を始めたいあなたを応援します

事務

安全管理

運転手

職人

営業

採用情報を見る

最高の鳶職人の技能を

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

株式会社OGISHI