東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・関東周辺の足場工事は有限会社小岸興業にお任せください。

MENU

安全で見せるプロ意識

最高 鳶職人 技能

安心・安全・確実スピーディーかつ柔軟な対応
枠組足場・くさび式足場・次世代足場 自社材にて対応

代表取締役 小岸昭義

代表取締役 小岸 昭義

小岸興業は「技術の高い職人」が集まった会社です

私は弊社代表を務める傍ら「全国仮設安全事業協同組合 青年部会長」として、建設業界の悪しき慣習を払拭するために、業界改革を推し進めています。

現在若者が進んで入職する建設業界にするために、弊社に限らず業界をあげて環境整備を進めています。

業界の旗艦企業として、最高の職人技能お届けすることができる職人・職員を育成し継承しています。

One Stop Solution

Safety Works

仮設工事の計画から施工までを自社で一元管理

安全作業と足場使用者の安全 そして 現場全体の安心・安全のために

ワンストップソリューション

ヒアリング

色々な場面を想定し、慎重に問題点や課題をヒアリング

仮設計画

現場の作業員の作業性や周辺の安全性にこだわり計画を立て、ご提案

仮設計画図作成

全体の再確認をしながら、計画を図面に落とし込み

仮設足場施工

安全作業で計画図通りの施工を心がけ、不測の事態には柔軟に対応

足場点検

施工方法や、仕上がりをプロの目線でしっかりと点検

仮設足場解体

周囲や完成物に細心の注意を払いながら、最後まで安全作業

現場の安心・安全の為に

サービス一覧

仮設計画図の作成から仮設工事全般の施工まで、お客様の要望を汲み取り、スピーディーに作図し、あらゆる環境に対応できるよう、適切な足場を組み立てます。

NEW

2017.02.10

ブログを更新しました

もっと見る

魅力ある県立高等学校づくり

埼玉県では、県立高校が産業界や専門家等と連携を進めることにより、就職指導やキャリア教育を通じて、望ましい職業観・勤労観の育成を推進しています。その一環といたしまして、弊社代表取締役の小岸昭義がNPO法人を通じて、埼玉県立越ケ谷高等学校定時制のキャリア教育授業の特別講師としてお招きいただきました。 冒頭、小岸からは生徒達と同年齢の17歳の時の話から始まります。自らの体験を基に今がいかに重要な時期なのかを、その先に立ちはばかる壁の数々、社会に出た後も続ける勉強の日々、やって後悔するのと、やらなくて後悔するのでは天と地ほどの隔たりがあることを諭し、自分の選択肢を増やすためには、今何を努力すべきかを生徒達に問いかけました。 我々が若い世代にすべきことは「魚を釣って、あたえること」ではなく「魚の釣り方を教えてあげること」そして「釣場(方向)を示してあげること」だと思います。今回のキャリア教育を通じて...

OGCグループ 安全祈願

昨年1年間の労働災害ゼロの御礼、起こってしまった事故への自戒の念、感謝と反省そして努力することへの誓いと、今年1年もご加護がありますよう、関連会社「株式会社 クイック」と共にお願いして参りました。 安全祈願の後は、恒例の「餅つき」です。縁起物として「丸餅」を食べることは、神様の元気をいただくことだと言われています。小岸社長からグループ全員に、昨年の頑張りを労う感謝の意が伝えられ、社員一同、今年一年の「無事故・無災害」を誓いました。 株式会社 クイック ジョイント協同組合

【建設業界】特別対談 若い世代のためにできること

  本日(1/18)発行の「POWER WORK(135号)」に中央工学校 教務部土木測量系 学科長 土田俊行先生と弊社代表取締役 小岸昭義(全国仮設安全事業協同組合 理事 青年部会長)が、今後の建設業界について「若い世代のためにできること」の特別対談が掲載されました。   若い世代の意欲を伸ばし世に送り出す工業系専門学校。そして現場の安全と職人の地位向上を目指す全国仮設安全事業協同組合(ACCESS)。異なる立場でありながら、建設業界を志望する若き担い手への思いは同じ!対談ではその取り組みをはじめ、20年前とは変化した時代の流れまで語り合う興味深い内容となっています。 ― 20年ほど前と比べると、安全に対する意識はどの程度違いますか? 小岸 ▼ 私が若いころの話ですが、親方だけが履ける白い足袋があったんです。「いつか白足袋を履くぞ」と目標にしていましたが...

ブログをもっと見る

リーダーシップ溢れる社長技術の高い職人集団がやりがいある仕事を始めたいあなたを応援します

事務

安全管理

運転手

職人

営業

採用情報を見る

最高の鳶職人の技能を

048-949-7677

問い合わせる

[受付時間] 9:00~18:00 定休日:日曜・祝日

小岸興業